Archive for the ‘未分類’ Category

エプソムソルトの美肌効果について

エプソムソルトは、ソルトと言っても塩ではなく硫酸マグネシウムというミネラル分で出来ています。
この硫酸マグネシウムには美肌効果が期待できます。まず、硫酸マグネシウムは角質を柔らかくしてくれます。
柔らかくなった角質が落ちることによって、肌のざらつきやくすみが解消されます。

 

また、余分な角質が落ちることによって、肌への浸透力が高まるので美容液やクリ

 

ームの栄養成分が肌に効率よく吸収されるようになり、スキンケアの効果がより上

 

がります。エプソムソルトを入れたお湯につかっても良いですが、特に気になる部

 

分には、オイルで溶いたエプソムソルトか、少量をそのまま使って優しくマッサー

 

ジをするとつるつるになります。

 

そして、硫酸マグネシウムは肌の細胞分裂や代謝を正常にしてくれ、角質層の細胞間脂質を増やす働きをもっています。細胞間脂質は肌の隙間を埋めて水分が外に逃げるのを防いでいます。つまり、細胞間脂質がふえれば、保湿力の高い潤った肌になるのです。
ゆっくりと湯につかって汗を流すことによって、肌にうるおいを与える事もできます。
硫酸マグネシウムは、気分をリラックスさせてストレスを緩和させる働きをするので、長めの入浴に向いています。
肌をなめらかにして水分を与え、その水分を逃げないようにしてくれる、それがエプソムソルトの効果です。

エプソムソルトの入浴法について

エプソムソルトとは、硫酸塩とマグネシウムの2大成分を含有する無機化合物のことです。アメリカではバスソルトととして有名で、美肌、健康、ダイエットにも効果的な成分を含んでいます。デトックス効果もあり、美容に欠かせない効果がたくさんあります。非常に効果が出やすいことから、たくさんのハリウッドセレブの間で非常に話題になっているエプソムソルトです。

 
エプソムソルトを使った入浴法は、38~41度程度のぬるま湯に200グラムのエプ

 

ソムソルトを入れます。そして20分~30分入浴します。20分~30分かけじっくり

 

と入浴することで効果を高めます。発汗作用を高める効果もあるので、入浴中や

 

入浴後にしっかりと水分補給を行います。毎日でなくても、週2~3回の入浴でも

 

十分に効果があります。

 
入浴だけではなく、足浴を行うこともできます。洗面器に38度程度のお湯を入れます。100CCほどのエプソムソルトを入れ溶かします。そして15~20分程度足をつけ温めます。お湯がぬるくなったらお湯を足して行きます。ソルトが溶け込んでいるのでそのままマッサージも出来ます。その後足をよく洗い流し、よく乾かしローションやクリームで保湿を行います。”

エプソムソルトの効能について

エプソムソルトの成分は塩ではなく硫酸マグネシウムです。硫酸マグネシウムの湯

 

につかることにはリラックスの効能があります。まず、全身の血行を促進することで

 

体中の筋肉の緊張が解きほぐされるので、体そのものがリラックスします。

 

それが心のリラックスにもつながります。血行が良くなる事で、筋肉痛の原因である

 

毛細血管中にたまった乳酸も排出されるので、筋肉痛の解消や疲労回復につな

 

がります。体内の老廃物も排出されやすくなります。

 
また、エプソムソルトには脳内の神経伝達物質の分泌を高める効果もあるので、神経伝達を整え、直接精神的なリラックスを得る事ができます。まず、エプソムソルトは神経伝達物質のセロトニンの分泌を高めます。セロトニンは感情のバランスを整え、気分を落ち着かせる脳内物質であり、不足すると鬱病の原因となると言われています。
また、エプソムソルトはアドレナリンの過剰分泌を抑えます。アドレナリンには人を興奮させたり、心拍数や血圧をあげる作用があります。アドレナリンの過剰分泌が抑えられれば、心は穏やかになり緊張の解けた状態になります。
このようにエプソムソルトには身体面、精神面の両方に働きかけて緊張のない穏やかな状態を作り出します。

エプソムソルトとは

エプソムソルトとは欧米では医薬品として知られております。見た目は塩に似ていますが、硫化マグネシウムを主成分としており、塩分は含んでおりません。新陳代謝を活発にし、毒素を排出する働きがあるといわれています。マッサージソルトとして温浴に使われたり、デトックスため、オリーブオイルと一緒に服用することもあります。硫化マグネシウムは、漢方では芒硝とよばれ、排泄作用を促進することで知られています。痩せる漢方として有名な、防風通聖散にも含まれております。したがって、夜に内服した場合、翌日には2キロ減少することも、珍しくありません。これは、体内の余分なものを排泄することによる作用です。

新陳代謝を活発にし体内の排泄を促すということは、それだけ強い作用があると

 

いうことです。したがって、体には強い負担を強いることになります。体力が低下し

 

ているときに多量に内服したり、あまり期間をおかずに使用することにより体調を

 

崩すかもしれません。また、急激に体がだるくなることもあるでしょう。そのような場

 

合は無理をせず、一時的に服用をやめることが重要です。あまり長い間体調が戻

 

らない場合は、医師に相談してみることをお勧めします。

実は、お風呂で美容は世界共通

 

 

お風呂の時間を有効に使って、美容効果を目指すのは世界共通です。古くはかのクレオパトラも、古い角質除去のためにいいミルク風呂や、バラのエッスンスを垂らしたリラックスバスを楽しんでいました。
最近話題の美容に、エプソムソルトを使ったものがあります。イングランドの町で見つけられた、塩に似た海のミネラル成分で、ヨーロッパのみならず、アメリカでも入浴剤として人気の成分です。そして、世界で活躍するアスリートたちの間では、激しいトレーニングの後の筋肉痛を和らげるためにも、利用しています。
お湯に素早く溶けて、皮膚から吸収されやすい美容効果のある成分を含むのが、エプソムソルトです。毎日の自宅での入浴時間を、手軽にスパタイムにすることができます。

 
特に多くの女性の悩みである冷え性に良く効き、自宅でスパ効果を実感できま

 

す。また、マッサージにも使えるので、直接角質が気になる部分に塗って、優しく

 

マッサージしてみましょう。マッサージ後はすべすべとした潤いある肌を取り戻す

 

ことができます。

 
粒の大きさもそれぞれの用途に合ったものがありますので、入浴剤として、またマ

 

ッサージ剤として、ニーズに合わせて使い分けることができます。”

 

メキシコではオリーブオイルで自家製パック

メキシコは湾岸部を除いては高温で乾燥した地帯なので、女性達は肌の保湿に気を使っています。
彼女達は流行に左右されない価値観を持っていて、髪型からネイルまでしっかりとお洒落をします。
高価な化粧品よりは身近な材料をスキンケアに使っていて、肌年齢の若い人も多いです。
よく使われているのが、オリーブオイルを使った自家製パックです。オリーブオイルは料理によく使われていますが、彼女達はスキンケアにもよくオリーブオイルを利用しています。

 

健康で美しい肌は、角質層の細胞が規則正しく並んでいる状態であると言われて

 

いて、その細胞の間を埋めて肌の乾燥を防いでいるのが細胞間脂質です。

 

実はオリーブオイル等の油分は、肌の角質層の細胞間脂質となじみが良いので

 

す。ですから、オリーブオイルを肌に馴染ませると、細胞間脂質の働きが強まり乾

 

燥を防ぎます。パックは、大さじ一杯分ほどのオリーブオイルと、アボカド1/4を

 

すりつぶしたものをよく混ぜて作ります。出来上がったペーストを顔に塗り、5分か

 

ら10分待ちます。アボカドの油分も他の脂と比べると肌との馴染みがよく、肌を柔

 

らかくした上に乾燥を防いでくれます。このパックは乾燥肌の方にとくに効果があり

 

ます。

パリジェンヌはアーモンドオイルやオリーブオイル

 

 

フランスは農業国であり、国が率先してオーガニック農業を推進しています。

 
国内で良質なオーガニック商品が安価に手に入るので、女性達は昔からスキンケ

 

アにもオーガニックでナチュラルなものを使用しています。

 

アーモンドオイルやオリーブオイルなどのオイルもそのうちの一つです。

 
彼女達はアーモンドオイルやオリーブオイルを大壜で買って来ては、

 

全身にたっぷりと使用します。

 
メイクアップのクレンジング、ヘアパック、顔の保湿、日焼け肌のケアなど使い道は沢山あります。
オリーブオイルやアーモンドオイルは、肌の角質層の細胞の間を埋める細胞間脂質と馴染みがよく、細胞間脂質の働きを強化します。細胞間脂質は肌の水分が逃げるのを防ぎ、また外部から異物が侵入するのを防いでいます。つまり、細胞間脂質の働きを高めれば、肌の保湿力が高まり、また、外からの刺激に対するバリア力も高まるのです。

 
オリーブオイルはクレンジングに使えば、肌のくすみもとってくれます。保湿用の

 

美容液として使えば、肌にツヤを与え、しみ、そばかすを防ぎます。また、日焼け

 

肌のダメージを回復する効果もあります。

 
アーモンドオイルはべたつきの少ない伸びのよいオイルなので、スキンケアにもヘ

 

アケアにも使いやすいオイルです。

 
肌触りがなめらかなので、全身のマッサージに最適で、リラックス効果もあります。
保湿作用や皮膚を柔らかくする効果があり、抗炎症作用もあるので美しく健康な肌を作ります。
化学物質の弊害の心配のないナチュラルなスキンケアと言えます。

インド女性は髪もお肌もオイル

日本は最近オイル美容が定番化してきましたが、ヨーロッパなど海外では古くからオイルは美容に用いられています。
特にインドでの歴史は古いものがあります。
オイルを使用したリンパマッサージも古くから行われていました。
老廃物を流して、顔をスッキリとさせる事ができ、更にはそのまま時間を置いてパックとしても使用されていたのです。

 
オイルは大変保湿力に優れていますし、傷を治す作用もあります。

 
ですから、肌荒れや敏感肌にも安心して使用出来るのです。

 
また、髪にも使用されていました。

 
髪に使用する事で艶を出す事が出来るのです。

 
日本でも江戸時代から髪に使用し、髪に艶を出し、更にヘアセットにも使用してい

 

ました。

 
とにかく髪の毛からフェイシャル、ボディと全身全てに使用出来る万能アイテムで

 

す。

 
無添加のオーガニックアイテムですので、どんな肌質の方にも使用出来ます。
乾燥が気になり、化粧ノリが悪い方にはファンデーションに1~2滴混ぜる事で保湿力がまし、化粧ノリが良くなります。
また、メイク前に使用する事で肌に艶を出す事が出来るのです。
更には髪の乾燥に悩んでいる方にはパサついている部分に使用する事で艶を出し、パサつきを改善する事が出来るのです。
肌や髪に艶があると大変若々しく見えますので、是非一度使用して欲しいアイテムです。

世界ではオイル美容がスタンダード

最近、日本でもオイル美容が定番になってきました。
日本でのオイルの歴史はかなり古くから使用されていましたが、主に髪の毛に用いられていました。

 
しかし、ヨーロッパなどでのオイルの歴史は古くから肌や髪、ボディケアとして使用され、また傷を治す際にも使用されていたのです。

 
クレオパトラも美容オイルとして使用していたとも言われています。

 
日本人はオイルのべた付き等の使用感がイヤで中々浸透しませんでしたが、オイルの効果が知れ渡り、オイルを使用してマッサージしたり、美容液として使用したり、パックとして使用したりと多岐に渡り使用されています。

 
オイルは無添加のオーガニックものが多く、どんな敏感肌の方でも使用が可能です。

 
荒れてしまった肌にオイルのみ使用する事で、肌荒れが治るのです。

 
また、保湿力も抜群で乾燥肌に悩んでいる方にもお勧めのアイテムです。

 
かなりの乾燥肌に悩んでいてファンデーションのノリも良くない方には、ファンデー

 

ションに1~2滴混ぜる事で、保湿力を高める事が出来るのです。

 
あらゆる事に使用可能なオイルですので、是非一度使用する事をお勧めします。

 
べた付きは最初は気になるかもしれませんが、徐々に慣れてきますので心配い

 

りません。